2018年1月4日木曜日

(シンザン記念)扱いづらい穴馬

シンザン記念

昨年は雨が止まらず重馬場の中でも程度の悪い状況で開催のシンザン記念でしたが、例年の傾向である開幕週での内枠先行有利な状況とは無関係な状況の中で重馬場適性の強い軸3頭を先団中団後方と場合分け選定して的中させることができましたが、今年は例年の傾向を柱に能力と状態面を兼ねて馬券を構成していきたいと思います。開幕週での内枠先行有利は当然に騎手全体の意識としてありますからスタートから前3Fまでが早くなることもしばしばでその流れでペースも早くなることもありますが基本的には能力で一枚落ちる先団はペースを落として初めて勝ち負けの土俵に上がれますからそういった意識も当然に全体としてありますが、とにもかくにも枠順です。


2016年 ロジクライ/8番人気/1着/1:34.1

2016年 シゲルノコギリザメ/11番人気/3着/1:34.2

2012年 プレミアブルー/11番人気/3着/1:34.7

2010年 シャイン/9番人気/2着/1:34.8

2009年 ダブルウェッジ/12番人気/2着/1:35.3


過去10年で馬券に絡んだ穴馬を5頭ピックアップしましたが、どういったメンツかは皆さんもすぐにピンときているとは思います。先ほどのフェアリーSの続きにつながりますが持ち時計にとらわれすぎてはいけないレースですから、前走は緩い展開で時計がかかった、馬場状況が稍タフ残りで時計がかかった、脚質に合わない競馬になっていたなどで、力を余しているところでなおかつ先団で競馬をしてくる馬は今回の上積み、状態面を加味して慎重に扱う必要があります。そういった要素を持っている馬はフェアリーSでいえばライレローズ、デュッセルドルフ、ジーナスイートやシンザン記念でいえばアーモンドアイ、スターリーステージ、ツヅミモン、ブランモンストルであったりしますしこの辺に関しては状態面、枠順と騎乗センスを加味して最終的に慎重に判断したいと思います。そして上記の過去の穴馬の中で、パターンの違う2頭が入っています。今回もそれに該当する馬が2頭いますが期待値をもっていても扱いづらい馬ですし皆さんすぐにお分かりかとは思いますがそれに関してはまた明日のブログで更新致します。
↓↓



今週の4重賞まとめ  (←クリックで記事に飛びます)


~注目一言メモ~

※年の締めくくり大一番の有馬的中で次世代レースへ
※重賞軸の複勝率9割越え、硬いレースでも複勝でうまくロジックを組むことが大事です。



~昨年の注目ニュース(題名クリックで記事に飛びます)~

歓喜の皐月賞1064360円馬券

ルミナスウォリアーに狙いを定めた函館記念915320円馬券

※レース名クリックで詳細ページに飛びます。
------------------------------------------------------------------
ニュージーランドT 結果  3連単 496220円

東海S 結果 3連単 465440円

CBC賞 結果 3連単 417490円
------------------------------------------------------------------

会員募集要項
■料金■

◆11月、12月会員:18000円  (締め切り)
◆12月、1月会員:18000円  (締め切り)

◆12月複勝会員:4000円(締め切り)
◆1月複勝会員:4000円  (募集中)

たくさんのお問合せ頂きありがとうございます

■お問い合わせはコチラまで

■配信内容
三連単フォーメーション勝負

※出走メンバーや頭数に応じて買い目を適応
三連単3-8-8の126点
三連単3-7-7の90点
三連単3-6-6の60点

※資金の関係で三連複で併用していただいても構いません。
 

■支払方法
銀行振り込みのみ

■ご注文はコチラまで